清泉会の看護理念

安全、安心できる療養生活の看護提供を目指し、地域社会への自立支援をサポートします。

看護目標

  1. 患者の安全と権利を尊重し、サービスの向上を図ります。
  2. 医療、福祉、地域との連携を保ち、チームワークのもと地域に開かれた看護、治療に取り組みます。
  3. 質の良い看護を提供するために、職員一人ひとりが日々、努力、研鑽してゆきます。

看護理念に基づき、患者さんも自分たちも同じ社会の一員として相手を尊重し、支え合える関係づくりを目指しています。「精神療養病棟」「認知症ユニット」「精神疾患ユニット」「急性期・重症者ユニット」それぞれにおいてユニット看護を展開していますが、患者さんの個別性を大事にし、心地よい治療環境を提供できるように努力しています。

職場環境としては、法人内での部活動も盛んに行われており、他部署職員との交流を深め、チームワークの結束に一役買っています。(写真は病棟の外観です。)

看護部 各部署

  • 外来 処置室
  • 1F病棟 60床
    精神療養病棟(ユニット名 北斗)
  • 2F病棟 60床
    認知症ユニット(ユニット名 ふじ)
    精神疾患ユニット(ユニット名 旭)
    急性期・重症者ユニット(ユニット名 トキ)